うおみオンラインTOP
うおみのとりみTOP

毎月の鳥見写真

出現表のようなもの



ブログ素材用野鳥写真

使う時のお願い

アオサギ
アオジ
アカゲラ
アカハラ
アトリ
ウグイス
ウミアイサ
ウミネコ
エナガ
オオカワラヒワ
オオジュリン
オオバン
オオルリ
オカヨシガモ
オナガ
カッコウ

カルガモ
カワアイサ
カワウ
カワセミ
キジ
キジバト
キビタキ
クロジ
ケアシノスリ
ケリ
コガモ
コサメビタキ

コゲラ
コムクドリ
コルリ

サンコウチョウ

サンショウクイ

シジュウカラ
シメ
ジョウビタキ
シロハラ
スズメ
センダイムシクイ

ダイサギ
タゲリ
チュウヒ
チョウゲンボウ
ツグミ
トビ
トラツグミ
ノビタキ
ハクセキレイ
ハシビロガモ
ハチジョウツグミ
ハヤブサ
ヒドリガモ
ヒバリ
ヒヨドリ
ホオジロ
マガモ
マミジロ

マミチャジナイ

ミコアイサ
ミサゴ
ミヤマホオジロ
ムクドリ
メジロ
モズ
ヤツガシラ
ヨシゴイ
ルリビタキ


種類別ライブラリ

野鳥撮影のいろいろ

その他

鳥モチーフの雑貨
(トリモチではないっ♪)

お知らせ

ブログ素材に100枚の
写真を追加(2008/6/2)

手持ちと手ぶれ

 手持ちで野鳥を撮影しようとすると、やはり問題は「ブレ」ですね。一般にシャッター速度を焦点距離分の1より早くすればブレずに撮れると言われてますが・・・本当?

 「箸より重いものを持ったことないわ♪」という人から、「今年はジャークで世界新を狙うぜ!」という人まで同じ?ってことないですよね。

 まずは、自分の力量を把握してみましょう。と、いうことで実験実験っ。

 4mほど離れた場所に目標を置いて、シャッター速度を変えながら撮ってみましょう。何故4メートル?かというと、最短合焦距離が4mなんです。手ブレはターゲットの距離が近ければ近い程目立たなくなるし、屋内でできるからお手軽です。

 カメラはPENTAX istDS、使用レンズはPENTAX75EDHF + KENKO 1.5X TELEPLUS の構成で焦点距離は750mm(35mm換算で1125mm)。

 ターゲットはアサヒMINTIAの裏書を使いました。何故MINTIA?ハハハ、単に手元にあったからです。裏書の文字は横幅1mmくらいです。「パ」という文字の○の部分がちゃんとつぶれずに見れるまで撮りました。何枚目で手ブレが少ない写真になるかな。

 とまあ、能書きはこんなもんかな。

 では、実際に撮った画像をご覧ください。各ISOでのノイズも比較もできそうだな。(ピクセル等倍、レベル自動補正)

ISO3200 シャッター速度:1/1000
一枚目
ISO1600 シャッター速度:1/500
一枚目
二枚目
三枚目
ISO800 シャッター速度:1/250
一枚目
二枚目
ISO400 シャッター速度:1/125
一枚目
二枚目
三枚目
四枚目
五枚目
ISO200 シャッター速度:1/60
一枚目
二枚目
三枚目

 なんで、シャッター速度変えるだけじゃなくてISOまで変えるの?って声が聞こえてきそうだけど、カメラレンズと違って天体望遠鏡には絞りが無いのですじゃ。ま、苦肉の策ってことで。

さてさて、撮れた結果を見てみると 1/1000の時は、すんなり一枚目で綺麗に撮れました。セオリー通りってことですかね。それより遅いシャッター速度の時は、気合の入り方しだいって感じです。

 野鳥を撮るときにヤブの中を狙うとシャッター速度が1/100程度になることはザラにありますが、この結果からいけば、「至近距離なら気合で撮れる!」ってことですね♪

 練習したら成功率はあがりそうなので、がんばろぉ〜っと。

 でも、手ぶれ防止装置が付いてると、どのくらい綺麗に写るんだろう。今まさにボディ内手ぶれ防止機構が付いているPENTAX K200Dが売り出されたところです。う〜ん、欲しいぞ!

 もし買ったら、効果の程を掲載しますね。「もし」ですよ「もし」。ふっふっふ♪



うおみオンラインの最新動画(魚の水中映像です)
クリックすると掲載ページへジャンプ クリックすると掲載ページへジャンプ クリックすると掲載ページへジャンプ

写真をクリックすると最新映像の紹介ページへジャンプします