うおみオンラインTOP
うおみのとりみTOP

毎月の鳥見写真

出現表のようなもの



ブログ素材用野鳥写真

使う時のお願い

アオサギ
アオジ
アカゲラ
アカハラ
アトリ
ウグイス
ウミアイサ
ウミネコ
エナガ
オオカワラヒワ
オオジュリン
オオバン
オオルリ
オカヨシガモ
オナガ
カッコウ

カルガモ
カワアイサ
カワウ
カワセミ
キジ
キジバト
キビタキ
クロジ
ケアシノスリ
ケリ
コガモ
コサメビタキ

コゲラ
コムクドリ
コルリ

サンコウチョウ

サンショウクイ

シジュウカラ
シメ
ジョウビタキ
シロハラ
スズメ
センダイムシクイ

ダイサギ
タゲリ
チュウヒ
チョウゲンボウ
ツグミ
トビ
トラツグミ
ノビタキ
ハクセキレイ
ハシビロガモ
ハチジョウツグミ
ハヤブサ
ヒドリガモ
ヒバリ
ヒヨドリ
ホオジロ
マガモ
マミジロ

マミチャジナイ

ミコアイサ
ミサゴ
ミヤマホオジロ
ムクドリ
メジロ
モズ
ヤツガシラ
ヨシゴイ
ルリビタキ


種類別ライブラリ

野鳥撮影のいろいろ

その他

鳥モチーフの雑貨
(トリモチではないっ♪)

お知らせ

ブログ素材に100枚の
写真を追加(2008/6/2)

PENTAX F AFアダプター1.7× でAFに変身

  K200D導入の時にも出てきましたが、「PENTAX F AFアダプター1.7×」の話です。

 このアダプターはMF(マニュアルフォーカス)のレンズとカメラボディの間に装着することで、レンズの焦点距離が1.7倍になり、AF(オートフォーカス)になるというものです。アダプターの中のエクステンダー用レンズが前後に動くとこで、AF機能を実現しています。

 一見優れもののようなアダプターですが、若干の制約事項もあります。

  1. 説明書の適応レンズ一覧以外のレンズでは使用できないとのこと
  2. 装着を禁止されてるレンズもある(レンズがぶつかるとかなのかな?)
  3. 説明書が1998年のものなので、設計も古そう(懐かしいロゴとか見れます)
  4. リアコンバーターとして仕様できません(使用上の注意より)

 ん?4番目の注意事項にはビックリ。散々1.7倍のリアコンバータとして使ってました。説明書はよく読まないとダメってことなのか?

 制約事項で一番気になるのは適応レンズ。一覧表の中に列挙されているレンズは概ねF2.8より明るいレンズ。唯一「A ZOOM 35〜105mmF3.5」だけが、少し暗めです。

 ということは、暗いレンズには使えないのか?
 使っている望遠鏡は 500mm F6.7 だから問題外なのかも・・・

 手元に「SMCペンタックスス135mm F3.5」ってレンズがありますが、適応レンズ一覧表には「SMCペンタックスス135mm F2.5」が掲載されているだけです。

 ちょっとくらい大目に見て〜

 ということで、装着してみました。


エツミ ヘッドスタビライザーも装着
(締め上げてるから外すのが面倒なのだ)


アップ。開放F値3.5でしょ

 で、使ってみると・・・

 全然平気っ。

 野外撮影では、まったく問題なし。SS1/8 ISO400 という暗めの室内でもちゃんと合焦しました。(もちろん迷う場合もありますけどね)

 も、も、も、もしかして、F6.7の望遠鏡でもAFが使えるのか?

 わくわく

 装着っ!

 シャッターオ〜〜〜ン♪

 「じーっじーっ」
 「シーン・・・」

 だめだぁぁぁぁぁぁ〜

 あっさりAF動作が終了。迷いもしないわい。

 しかし、諦めてなるものか。これでどぉじゃぁぁぁあぁ〜

ということで、次のページへ続くのであった。



うおみオンラインの最新動画(魚の水中映像です)
クリックすると掲載ページへジャンプ クリックすると掲載ページへジャンプ クリックすると掲載ページへジャンプ

写真をクリックすると最新映像の紹介ページへジャンプします